外国人技能実習制度で介護技術を習得

一定レベルの語学力を備えた人材

この度は介護関連の情報サイトへアクセスいただき誠にありがとうございます。
介護の外国人技能実習制度について探しているなら「外国人技能実習制度で介護技術を習得」にお任せください。

 

命を預かることとなる仕事の介護関係に日本語能力の劣る外国人が入ってくるというのは少し怖いと感じる方も多いようです。

 

そこで厚生労働省では、そのような点を含めて、一定レベルの語学力を持つ人材のみ入国を許可するように検討が始まっています。

 

外国人技能実習制度におきましては、「やるべき作業」というのが最初から決まっていますので、生命に関わる業務には就かせない事で安全性を向上しようと検討しているようです。

 

例えば外国人一人で訪問介護をする、というのは認められない、などと言ったリスクの高い仕事はNGにしなければいけません。このような部分は現在、厚生労働省と日本介護福祉士会などが定期的に議論を交わし、しっかりとして欲しいところだと考えます。

 

待った無しで近い将来訪れてくる高齢化社会。誰にお世話になるか考えるかと思いますが、出来ることなら自分の子どもたちに面倒をみてもらいたい。

 

しかし核家族化が進んでいる現在、そう思うようにはいきません。もちろん中には外国人に介護を任せてはいけない!という世論の声もあります。

 

ただ老人の孤独死と天秤に計った場合、外国人技能実習生を活用するというのも今日本には必要な気がします。